スリムビューティハウスで効率よく痩せる通い方とポイント

スリムビューティーハウス公式サイトはこちら

スリムビューティハウスで効率よく痩せる通い方とポイント

多くの女性の念願であるダイエット。
しかし、独りでそれを成功させるのは簡単なことではありません。
そこで、エステサロンで痩せようという人が増えています。
スリムビューティハウスをはじめとするエステでは、

  • 頑固なセルライトの解消
  • 食生活のアドバイス

などいろいろなサポートが受けられ、痩せやすくなります。
ただ、金銭的な問題もありますしそんなに頻繁に通えませんよね…。
ではどれぐらいの頻度で通うと効率的に痩せられるのでしょうか?
このページでは効率的に痩せる通い方を探っていきます!

 

継続して通うことが痩せるポイント!

スリムビューティハウスは、骨盤ダイエットが人気のエステサロンです。
その効果の高さは、一回体験コースを受けただけで気になる部分のサイズが数cmダウンするほど!
全身の合計で10cm以上痩せる人も珍しくないんです。

 

しかし、一度施術を受けただけで放っておいては、またすぐに元の体型に戻ってしまいます。
骨盤ダイエットでは

  1. 骨盤を正しい位置に支える筋肉を強化する
  2. 体全体の血液やリンパの流れを良くする
  3. セルライトをほぐしてやわらげる

といった施術を行います。
施術を受けた直後はその効果が表れてサイズダウンすることができますが、日常生活で以前と同じように過ごしていては筋肉も元に戻りますし、血液やリンパの流れも元通りになってしまいます。

 

ですから、初めのうちは1週間に1回ぐらいは通って、身体を痩せやすい体質に変えていきましょう。
施術を何回か受けていくうちに身体も変化していきます。
骨盤の位置が正しくなり、血液やリンパが流れやすくなり、セルライトも溶けていきます。
この状態になったら、1カ月に1回ぐらいでも十分にエステでの施術で痩せた体型を維持することができるでしょう。

 

セルフケアも大切に!

もちろん、アドバイスしてもらった食生活を守って自分でも痩せる努力をすることが大切です。
ダイエットを他人任せにして自分の身体を大切にしない人は、いくらスリムビューティハウスに通っても痩せることはできないと思われます…。

 

骨盤ダイエット以外にも出来る、痩せるコツ3つとは?

 

もちろん、スリムビューティハウスのエステ施術は、痩せるための大きなサポートとなるでしょう。
しかし、それだけに頼っていても結果が出づらいのは事実です。
ここでは、痩せやすい体をつくる3つのコツを紹介します。

 

スリムビューティハウスで痩せるコツ1「食事制限」

 

できる限り同時に、バランスのよい食事をとるように心がけることで、痩せやすい、また燃焼しやすい体を作り上げることができるはずです。
スープや野菜から摂取するとか、品数を多くして栄養のバランスをとる、また食事の回数を増やして、少量ずつとるようにすると理想的です。
夜遅く食べない、また胃や腸などの消化器官を時々休ませることも大事なことだといわれています。
食事は多くても腹八分目にしておきましょう。

 

スリムビューティハウスで痩せるコツ2「エクササイズ」

 

定期的なエクササイズも筋肉を鍛える面で欠かせません。
筋肉が衰えてしまうと、代謝が悪化しリバウンドしやすくなります。

 

またエクササイズをして体を引き締めると、それだけで脂肪を燃焼しやすく、同じ体重でもよりスリムにスタイルよく見える体型となります。
なるべくこまめに有酸素運動をするようにして、エステティックと二人三脚の形でより効果的なダイエットをしましょう。
体型維持のためにも運動は非常に重要です。

 

スリムビューティハウスで痩せるコツ3「体を冷やさない」

 

スリムビューティハウスの施術をみていてもわかるように、体を冷やさないように心がけることも大事です。
冬だけではなく、夏の冷房に備えて、つねにレギンスをはくとか、また靴下を常備するなど、冷えないようにしましょう。
とくに下半身の冷えは大敵です。

 

また、定期的に半身浴、また入浴を毎日するなど、体をよく温める、血行を促進する行動をつねに心がけるようにすると、よりエステティックでの施術がいきるようになります。
日常生活から血流やリンパの流れをよくしておきましょう。
そうすることで、気になる下半身のむくみやセルライトがとれやすくなります。

 

スリムビューティハウスで効率よく痩せる通い方とポイント・まとめ

 

スリムビューティハウスに通い始めたときは、まだ身体が痩せる体質になっていません。
痩せやすい身体を作ってもらうまではできるだけ頻繁に通っておくと、
後々通う回数を減らしても美しい体型を維持することができるでしょう。